タグ: 社会保険とは

社会保険とは 社会保険の事について教えてください パートで毎月手取り14

社会保険とは。社会保険の事について教えてください。
パートで毎月手取り14万ぐらいもらっていましたが、
スタッフの人数が多いので勤務日数が減ることになりました。
まだシフトがでていないので確実な金額はわかりませんが、
私は社会保険に入るとき、10万以上は稼がないといけません。と言われました。
今回のシフトが8万ぐらいしか稼げない場合は
社会保険はどうなりますか?
結婚はしていないので、自動的に親の扶養に入ることになるんですか?>私は社会保険に入るとき10万以上は稼がないといけません。>と言われました。>今回のシフトが8万ぐらいしか稼げない場合は>社会保険はどうなりますか?>結婚はしていないので自動的に親の扶養に入ることになるんですか? 月8万+通勤費のシフトが、?一時的なものであり2ヶ月ほどで終結したのち、再びこれまでのように月108,334円以上年130万以上に戻るならば、会社の社会保険に加入したままで大丈夫ですが、?もし今後長期的に、月8万+通勤費ならば、正社員の所定労働量の3/4未満になってしまうはずなので、そうなれば会社の社会保険から脱退させられてしまいます。そして、通勤費月1万と仮定すると、9万×12ヶ月=年108万なので、扶養内=通勤費込み130万未満+親御様の年収の1/2未満の筈ゆえ、親御様の社会保険の扶養内に入れます。ちなみに社会保険加入の一般的なパターンは、下記の通りです。↓①まずは、親御様の社会保険の扶養内から外れて、独立する。外れるためには、通勤手当等込み給与年収が=130万以上、または、親御様の年収の1/2以上なら、貴方様は、親御様の社会保険の扶養内から外れます。なお、通勤手当等込み月収が=3ヶ月平均とか3ヶ月連続で=月108,334円以上になると=年間130万以上になるとみなされ、親御様の社会保険の扶養から外れます。そして下記②か③になります。↓②契約所定労働量が=正社員の概ね4分の3以上ならば=貴方様は勤務先会社の社会保険に強制加入です。契約所定労働量とは、1日の労働時間=正社員は8時間=概ね3/4以上とは=1日6時間以上。1週の労働時間=正社員は40時間=概ね3/4以上は=1週30時間以上。1月の労働日数=正社員は22日間=概ね3/4以上は=1月17日間以上。↓③もし契約所定労働量が=正社員の概ね3/4未満ならば=貴方様は勤務先会社の社会保険に加入できないので=市役所にてご自身で国民健康保険と国民年金保険に加入します。あと、貴方様の会社には関係ないようですが、今後の参考として、社会保険2016-10-1新制度での加入認定の、正確な新5要件は、下記の通りです。下記の新5要件すべてを満たせば、会社の社会保険に強制加入です。もし1件でも欠けたら、加入できません↓①契約所定労働時間が=週20時間以上。②見込まれる継続雇用期間が=1年以上。③契約所定賃金が=月額8.8万円以上。除外===通勤手当?時間外手当?家族手当?皆精勤手当?賞与?臨時支給金===8.8万円に含めない年106万円というのは、単なる計算結果=参考値という扱い④昼間部の学生や生徒は=対象外。⑤厚生年金保険の被保険者が=501名以上の会社に勤務。
返信ありがとうございます。
では、よく質問される、8万ぐらいのお給料で社会保険に入るといくらぐらい引かれますか?という質問は、
どういうことですか?
8万ほどの給料でも社会保険に入れるという事ですよね?
でも、私の場合は二ヶ月ほどは大丈夫だけど、
そのまま長期8万ぐらいをもらうのなら
社会保険からはでないといけないんですよね、
その違いは何ですか?
社会保険とは。民間企業が運営する個人保険とは違い、一定の条件を満たす国民は社会保険に加入して保険料を負担する義務があります。 。 それはそれで間違いではないのですが、本当の意味での社会保険はもっと幅広い保険制度のことを指します。 <目 次>。 狭義狭い。

社会保険とは 保険の基本についてわかりやすく解説してある本を教えていただき

社会保険とは。保険の基本についてわかりやすく解説してある本を教えていただきたいです。恥ずかしながら保険というものについて、なにもわかっていません。社会保険、国民保険、医療保険、雇用保険、
労災等々。また、年金についてのかかわりなど。どう違い、どう支払、どう給付される。支払額はどうやって決まるなど。なにも知らず、どうやって知ればいいかもわかりません。社労士、FPなどの専門的なことでなく、成人迎えているならこのくらいの事を知っていて当たり前だろ?くらいのレベルの事を知りたいです。恐らく、そういったことを解説している本教科書的なものがあるのではないかと思います。詳しい方、どうぞよろしくお願いします。
回答ありがとうございます。ご回答を読むとどうやら幅広く手を広げすぎているようです…。「保険知識がない人が興味半分に最初に手にとる様な本」でオススメがあれば嬉しいです。よろしくお願いします。
この質問は、活躍中のチエリアン?専門家に回答をリクエストしました。「社会保険、国民保険、医療保険、雇用保険、 労災等々。また、年金についてのかかわりなど。どう違い、どう支払、どう給付される。支払額はどうやって決まるなど。」これだけで相当濃い内容になりますので、すべてについて一般向けに分かりやすく書いてある本は見たことがありません。社会保険労務士の受験者用のテキストで、本格的な勉強に入る前に概観するための入門テキストのような本が幾つか出ていると思いますのでそういうものではいかがですか。
補足について社労士試験といっても入門テキストはそんな難しいものでもなければ、重箱の隅をつつくようなことが載っているわけでもありません社労士試験についてなど余計なことは載っているでしょうが、そのようなとこは読み飛ばせばよいです。いちど書店で手に取ってみてはいかがですか。
社会保険とは。この記事では、社会人なら知らないと恥ずかしい社会保険の内容について詳しく解説し ていきます。 ここまでの . 社会保険について、知らなければならない。そして、あの子にわかりやすく解説してあげなければならない、と……。 サバイブ . 基本手当. いわゆる「失業保険」です。社会人になると耳にすることの多い言葉ではないでしょうか? 失業した際に前職の給与を考慮した給付を受け取ることができる制度です。社会保険とは。社会保険とは日本の社会保障制度の一つで、国民の生活を保障するために設けられた公的な保険制度です。民間企業が運営する生命保険や損害保険などの個人保険とは違い、一定の条件を満たす国民は社会保険に加入して保険料を負担する義務があります.社会保険とは。ほとんどの人が社会保険に加入して保険料を払っているはずなのに、肝心の制度の内容を把握していないのでは知らないうちに損 . 社会保険とは? わかりやすく解説. 社会保険とは国民の生活を保障するために国が定めている保険制度です。 民間の保険 会社 . 基本的に会社員を対象とした保険なので、自営業者の場合加入義務は生じません。