平成29年度全国中学生人権作文コンテスト東京都大会 娘の作文に脱力してしまいました???小学3年の娘夫の連れ子が

平成29年度全国中学生人権作文コンテスト東京都大会。娘の作文に脱力してしまいました???小学3年の娘夫の連れ子がいます。この間、夫の提案で「夏休みの思い出に」と、家族3人でイオンに行ってきました。
後で娘がその事を作文にしたのですが、先に作文を読んだ夫が「日本語滅茶苦茶」と言ってたので、私も読ませてもらいました。今日イオン行きましたイオンのお店でかいものしましたじつは買ったのはかわいいパンダです買ったんです。買ったのはおとうさんですイオンの出口から家かえりました…意味はわかりましたが、かなり脱力しました;′Д`ちなみに家に帰る前に映画を見て回転寿司にいってますが、全く印象に残ってないようです。漢字の間違いも多く、「面白い」を「思しろい」と書いていたので注意したら、「○○娘の名前、間違ってないもん!あゆみ連絡帳?見せてもいーよ!」と怒りました。「お母さんの方が絶対あってる!」と書き直させましたが、その後も間違いを指摘するとむくれて、見えないくらい薄~く書いたり、逆に紙が破れるほど強く書いたり、明らかに不機嫌になっていました。結局、ちゃんとした文法の作文にはなりましたが、気に入らなかったらしく、学校には持って行きませんでした。「日本語おかしい」と注意したのがよくなかったのでしょうか?娘は文章問題を理解するのが苦手なため、他の教科でもテストの点数は全体的に悪いです。せめて、注意されたことは素直に聞いてほしいのですが…夫に話すと「前の母親がバカだったからなー」と溜め息をついてます。小学3年生ならもう立派にプライドを持っている年齢です。注意をする際はそういったことへの配慮も必要です。間違いを指摘する際は、なぜ間違いなのかが理解できるよう論理的に話して、できれば客観的にそれを証明できるもの例えば辞書などを示した方がいいです。
平成29年度全国中学生人権作文コンテスト東京都大会。は し が き。 東京法務局と東京都人権擁護委員連合会は、次代を担う多くの中学生に人権問題に関する作文を書くことを通じ、互いの人 。 財団法人人権擁護協力会の後援をいただいて東京都大会を実施しましたところ、都内三一一校の中学校と外国人学校から、四。 万二九〇一編に 。 私が小学校四年生のとき、近所のアパートの一階に母親と保育園年長の女の子が引 。 酸素不足になり脱力や、話せなくなる事もあるので、他の子。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です